特攻隊と新型肺炎

 午前0時すぎ、曇天。気温8度。NHKのテレビ番組の再放送で、特攻隊員について放送していた。

 悲惨で、無謀な特別攻撃に接し、胸がつまる思いである。特別攻撃は理不尽である。当時、兵隊は凛々しく征ったと宣伝されていたが、実際はちがっていた。やはり、命を惜しく思わぬ者などいないのである。特攻隊員は、その時代の犠牲者であると思う。(私は特攻隊にかぎらず、戦争のすべてが理不尽であると思っている)

 今、日本国内でも新型肺炎が流行って、私たちは、為す術もなく佇んでいる。特攻隊員のいた時代と同様に理不尽に曝されている。日本は、そもそも特攻隊をつくらなくてもよかったはずである。西洋の大国との覇権を争わずにいたら、日中戦争大東亜戦争もしなくてよかった。完全に日本が破滅するまで時代の駒を進めずとも遣り方はあったはずである。後世から見ると、あの政治家がわるかった、あの軍人がわるかった、とはっきりと判るが、今でも、この政治家のために国民が辛酸を舐めている等、判るはずである。中国に経済的に頼りすぎると、新型肺炎の国内蔓延をゆるすことになったり、実に不甲斐ない状況になっている。駒の進め方をまちがえると、戦争被害と同様に悲惨なことになる。

 また政治家個人の能力にも疑問がつきまとう。今いる日本の政治家のなかで信頼できる者がひとりでもいるだろうか。総理大臣にしても資質に疑問を感じる。併し、その疑問を感じる総理よりも良いと思える政治家が他にいるだろうか。実に心細い状況である。

 いま私たちに出来ることは何か。政治家に頼るのではなくて、私たち、ひとり一人が政治を行うことである。国民投票を国会のかわりにして、ネットの中で、ほんとうに能力のある人たちが議論して政策を決め、実行するのである。そうすれば、ゆくゆくは国家という枠組みをはずして、全世界がひとつになって物事を決めればいい。アメリカにしてもロシア、中国にしても利権を手放したくない、独占したい者たちが世界を牛耳っているが、民衆は、それを望んでいないはずだ。アメリカの民間人の銃器所有をやめれないのも、ロシアの不法占拠も、中国の独裁と海洋進出も、全世界の民衆の立場にたてば解決するはずである。

 話が広がりすぎたが、ネットで議論して、決めていれば、新型肺炎も、もうすこし良い方向で解決していったのではと思う。私は、ひそかに恐怖しているのである。このまま感染がとまらず、続いていったら、日本国民の2パーセントが死亡するとしても膨大な数になる。60代、70代、80代の死亡率が高く、若い世代を中心にして保菌しながら新型肺炎が永続流行してゆくと、国民の2/3の老人がひとりもいなくなってしまうことになる。私も、あと数年で60代であるので、ほぼ死ぬ範囲にあり、とても、おそろしい。

ほんとうに危機なのか?

 午後9時まえ、曇天。ときおり雨降り。気温7~18度。2月の陽気とは思えない暖かさである。杉花粉が飛散しているそうで、終日ゴホゴホと咳が出る。暖かいが、やはり、鬱陶しい季節である。

 連日、新型肺炎の報道がテレビ、ネットのニュースで流れているが、外出して、道を歩くと、歩行者からは緊迫した様子は伝わってこない。スーパーマーケットに行っても、マスクをしている人は半分ぐらい居るかどうか、といったところで、緊張感はない。パンや揚げ物などの食品もパック詰めもされず、いつも通り裸のまま売られている。

 テレビのニュースでも、沖縄のプロ野球のようすが映っていたが、観客はのんびりとして新型肺炎が差し迫っている感じは持っていないようだ。新幹線でも、3連休ということで、出足はよく、満員電車のようで、楽観しているのか、諦観しているのか読み取れない。人々の本音は判らないが、日本人はいざというとき、肚がすわるようだ。・・・または、消極的に諦めているのか。いずれにしても、結果は出る。ふつうに考えると良い結果は出ないはずである。ウイルスの毒性が感染を繰り返すことで弱くなっていけば、また話はちがうが。それを期待する。

f:id:gorogure:20200222211250j:plain

▲ヘドンのスーパーソニック(箱つき)

 気持ちが暗くなるニュースばかりなので、気晴らしにルアー(疑似餌)を買った。私は、ルアーといえば、このヘドン製のスーパー・ソニックばかり買っているが、これは14歳のときに、当時1000円という高価格で、結局ひとつも買うことができなかったことから来ていた。口惜しかった思いが、いまだに抜けていないらしい。余程執念深いが、この執念深さが表現活動のほうに転じると、35年やっていても、まだ始めたばかりと云う気がしている。

新型肺炎3

 午後6時まえ、曇天。気温13度ほど。外出しても、ふるえるほどではない寒さである。

 薬局にティッシュなどを買いに行く自転車で、ときおりゴホゴホと咳が出る。勿論、マスクをしているが、当節では咳き込むだけでひと目が気になる。私の場合は花粉症の症状からくる咳であるが、他人から見れば区別はつかない。なるべく、ひと前では咳をしないように耐えている。

 中国が新型肺炎の感染として、エアロゾル感染の可能性を指摘した。これは、ほとんど空気感染に近いものだろう。窮地に立っている中国が言うことであるから、この場合は本当なんだと思う。事態は深刻で、たいへん厄介である。日本政府も中国の忠告を肝に銘じて、日本の経済活動を一時停止すべきだと思う。できればひと月半ほどの間、中国のように外出禁止、もしくは外出制限をするべきである。ウイルスは国籍、人種に関わらず攻撃してくるので、今回は日本の歴史に残るような果断な処置が必要であり、それをしないと日本は滅亡する。滅亡といかなくとも、少なくとも今の内閣は崩壊するだろう。その後には、何万人という死者が出て歴史に残ると思う。そうならない為にも果断な処置をするべきだと思う。

 日本の会社のなかには、在宅勤務やテレワークを選択する会社が出始めている。これは感染防止であるが、将来的に就業形態の選択の幅をひろげるためにも良いことであると思う。こうすれば外出禁止や外出制限を受けても対応できそうであり現実的である。兎に角、いま民間人にできることは、全員が常時マスクを着用すること、そして、集会などには参加しないことである。密閉空間だと覿面に感染するので、電車やバスの乗車も控えたほうがいい。併し、実際に通勤している者は、そうも言っていられない現実もある。実にもどかしい。

新型肺炎2

 午前3時前、曇天。気温8度。暖かい日が続いて、梅の花が開きかけている。暫時、白い可憐な花に見とれるが、世の中の事態は急を要している。

 新型肺炎の日本国内の状況が悪い方向に進んでいる。新型肺炎の死者1名をだしたと思ったら、今度は一週間も経たないうちに病院での院内感染が発生した。また日本全国でも罹患者が続出している。もう1週間すると罹患者は倍の数になり、また1週間すると、さらに倍の数になる。こうなったら、もう防ぎようがないので、日本もいったん経済活動を停止して、2週間休むしかないだろう。それが出来なければ、どうなるか。もう判らない。

 2週間休むと言ったが、どうやら、それは間違いのようで、実際は24日後に発病した患者がいるらしく、2週間ではたりない。大事をとって、ひと月ぐらいは隔離していたほうがいい。でないと、武漢のようになるのは目に見えている。

 連日のようにテレビのワイドショー番組では、新型肺炎の話題で喧しい。たしかに、これ以上ない話題である。ひと事のように放送しているが、罹患して死亡する人間は確実に増えてゆく。津久井障碍者施設での殺傷事件の被告に死刑が求刑された。犯行動機は障碍者は生産的でないとの独断であった。新型肺炎も、とくに高齢者、傷病者に死者が多く出ている。また、中国では故意に新型肺炎をまき散らした者は死刑にするとの由で、新型肺炎がどれほどに脅威であるかが判る。中国では、経済活動の一時停止に踏み切っている。それでも事態の収拾には至らない。日本政府も中国のように経済活動を一時停止しないと武漢以上の惨状になるのは必至である。この新型肺炎が、日本の終りのはじまりにならないことを祈る。

新型肺炎

 午後1時ごろ、曇天。気温15度。真冬のひと休みの塩梅である。寒いよりも、暖かいことが身に染みる。

 新型肺炎が猛威をふるっている。中国だけに留まらず、日本にも上陸してしまった観がつよい。なんとか船上に踏み留まっているが、検疫官まで感染するようでは空気感染対策の強化をせずにはおれまい。この新型肺炎は麻疹のような感染力であり、麻疹のように免疫を持つ者がいないから世界的流行は避けられそうもない。へたをするとスペイン風邪のようになってしまう。

 暫時、おたおたと動揺するが、しかし、動揺しても仕方がない。人間死ぬときは、死ぬのであり、こう云うときこそ泰然としていたい。また併し、杜撰な管理の、珍味嗜好の犠牲になると思うと、無念ではある。避けられそうなことなのに、避けようとせず、むざむざ死ぬのは阿保らしい。

f:id:gorogure:20200212132100j:plain

▲昔つくった黒猫堂のマーク